WiMAXのプロバイダ選び なぜ重要なの? 

WiMAXの申込みを行う際、プロバイダー選びは大変重要な要素となります。

 

しかし、プロバイダー選びが大切といわれても「そもそもプロバイダーってなに?」「プロバイダーって、WiMAXでどんな役割を担っているの?」なんて、根本的な疑問を持つ方も多いかもしれませんね。

 

そこで、ここではインターネットサービスにおける、プロバイダーの担う役割や重要性についてご説明していきたいと思います。

 

プロバイダーとはなに?

インターネット接続を行うには、WiMAXやLTE、光回線やADSLといった「通信回線」が不可欠です。これらのインターネット回線は、いわばネット利用者とインターネットの世界を結ぶ一本の道のようなものです。

 

このインターネットの道は、非常に多くの人が利用するため、現実の一般道のように誰でも好きなように通行が許可されてしまうと、一度に沢山の利用者が殺到して渋滞を起こして通行不能になってしまったり、悪意のある情報を流そうとする利用者が大手を振って利用したりと、様々な問題や不具合が生じる可能性が出てきてしまいます。

 

そのため、インターネット回線には、利用者を振り分ける「関所」のようなシステムが設けられています。掴みやすいイメージとしては、交通手形を持たないと関所が通れず、インターネットの道を使用することができない、といった感じです。つまり、この関所で道を通る利用者の数を制限したり、悪意のある情報を流そうとする不届きものを排除しているという訳ですね。

 

そして、この関所の役割を担っているのが「プロバイダー」なのです。

 

プロバイダー選びは大切

WiMAXで選択できるプロバイダーは数多く存在しますが、選択する会社によって利用料やサービス、サポートが異なりますので、自分の用途に合わせた選択が必要となってきます

 

例えば「月額料金は安いが、サポートが上級者向けで初心者には不親切」「サービスやサポートが手厚いが、月額料金が高め」「セキュリティやメールアドレスなどのオプションが充実している」といったように、プロバイダーごとに特徴があります。

 

そのため、プロバイダーの選択を間違えると、欲しかったサービスが用意されていなかったり、必要なサポートが得られないといった問題が出てきてしまいます。

 

プロバイダーを選択する場合には、キャンペーンや料金だけでなく、提供しているサービスやオプションなどもしっかりとチェックして、十分比較検討することをお勧めします。


このページの先頭へ戻る