WiMAXで通信費が節約できる?!

WiMAXを語る上で外せないのが、「使い方によって通信費用を抑えられる」というメリットについてです。では早速、WiMAXを活用することで通信費用を削減できる理由についてご説明していきましょう。

 

WiMAXは固定回線と一本化することができる

現在、モバイルブロードバンド接続(無線高速通信)サービスには、WiMAXの他にも3G、LTEなどが存在します。3GやLTE(4G)などは、主にスマートフォンなどで使用されていますが、この3G・LTE(4G)とWiMAXの間には、「通信制限・通信制御の有無」です。

 

通信制限とは、既定のデータ通信量以上の接続を行うと通信に制限がかかり、通信速度が著しく減速してしまうという仕組みです。

 

例えば、携帯電話会社が提供しているLTE(4G)サービスの場合、毎月の利用データ量が7Gバイトを超えた場合、通信制限がかかり、月末まで通信速度が128kbpsまで低速化してしまいます。ちなみに、128kbpsという速度は、ダイヤルアップ接続よりも低速なため、実用性は非常に低いものとなっています。

 

この制限を外して速度を元に戻すには、2Gバイトごとに2,625円(税込)程度かかるため、日常的にインターネットを楽しむためには、自宅に別途光回線やADSL回線を導入することが不可欠となってきます。

 

しかし、WiMAXはこの通信制限がないため、どれだけインターネット通信を行っても通信制限がかからないため、自宅でも外出先でもデータ量を気にすることなく、好きなだけインターネット接続を行うことができるのです。

 

つまり、WiMAXの速度が十分に出る環境で生活をしている方であれば、自宅の光回線やADSLを廃止して、WiMAXへ一本化することができる、という訳ですね。WiMAXに一本化することができれば、ADSLや光回線にかかっていた料金を削減できるので、通信費を大幅にカットできるのです。

 

さらに、WiMAXではプロバイダーによって多彩な「新規申し込みキャンペーン」が行われているため、キャンペーンを上手に利用することで、事務手数料やルーター代金といった初期費用を0円で始めることも可能です。

 

光回線やADSLからの乗り換えのハードルが低いというのも、WiMAXの大きな魅力の一つだと言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る